スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中優さんからメッセージをいただきました。

 田中優さんから沖縄の瓦礫焼却に関するメッセージを頂きました。よろしくお願い致します。

【田中 優です。
沖縄まで瓦礫受け入れするの?

  判断する前に知っておいてほしい。戸羽太・陸前高田市長、伊達勝身・岩泉町長がこう言っている。「現行の処理能力では、全ての瓦礫が片付くまでに3年かかる。そこで市内に瓦礫専門の処理プラントを作れば、自分たちの判断で今の何倍ものスピードで処理ができる。国と県に相談したが門前払いで断られました」 「納得できないことが多々ある。瓦礫を山にして おいて10年、20年掛けて片付けた方が地元に金が落ち、雇用も発生する。もともと使ってない土地がたくさんあり、処理されなくても困らないのに、税金を青天井に使って全国に運び出す必要がどこにあるのか?」と。
  東京都に搬入予定の瓦礫処理を受け入れる元請け企業は、東京電力が95.5%の株式を保有する「東京臨海リサイクルパワー」だ。これはただの利権ではないか。絆とは利権の言葉なのか。それより瓦礫で現地に防波堤になる山を築いたほうが良くないか。】

子ども笑顔ネット
kodomoegaonet@gmail.com

メーリングリスト参加用アドレス
join-egaonet.395c@ml.freeml.com
(空メールをお送り下さい)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

田中優さんのお話は説得力がありますね。この点に関してはガレキを受け入れたほうがいいと思っている多くの方も疑問をもっているのではないでしょうか。そこで問題を2点に分けて整理されたら、わかりやすいかと感じます。ひとつは対策としての経済合理性。ほんとうに広域処理が必要なのか?という点。もう一つは、震災ガレキは本当に危険なのかという点です。今回広域処理されるガレキは福島のものは含まれないし、国の説明では何重のチェックもあります。これが信じられるか否かという問題ですが、環境省はこのように述べています。http://kouikishori.env.go.jp/faq/#anch07
これに対するガレキは受け入れるべきでないという専門家の冷静な反論を知りたく思いますので、何か、ご存知でしたら対照表のようなものをUPされたらわかりやすいかと思います。わたしは、この活動を立ち上げた皆様の勇気と行動力に、敬意を表しますが、現時点では経済合理性の問題は疑問を持つものの、放射能の危険性に関してはないのではないかと感じていますし、多分、そのような意見が非常に多いと思いますので。
プロフィール

子ども笑顔ネット

Author:子ども笑顔ネット
子どもの笑顔を放射能から守るために結成されました。沖縄県を中心に活動しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。