スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「放射能から島を守るネットワーク」が誕生



 石垣市では、6つの団体をつなぐ「放射能から島を守るネットワーク」が誕生しました。

八重山日報には一面トップにカラー写真で掲載されました。
以下は琉球新報の記事です。

琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-189081-storytopic-1.html

震災がれき受け入れ懸念し連携 石垣市6団体、週明け反対要請へ
2012年3月25日
 【石垣】震災がれき受け入れ問題をめぐり、石垣市内で受け入れた場合の問題点について考える6団体が24日、情報共有や活動の連携を目的として「放射能から島を守るネットワーク」(ZAKI代表)を発足させた。ネットワークのメンバーは放射性物質が拡散することを懸念し、安全な食材の提供や放射能汚染のない島で被災者を受け入れるなどの支援を提言している。
 ネットワークに参加しているのは子ども笑顔ネット、島の恵みを分かち合う会、全国ガレキネット、国際観光地やえやまをめざす会、八重山を放射能から守る会、避難者の会の6団体。被災地からの避難者や自営業者、子育て中の母親らが中心になって活動している。
 石垣市議会には市長にがれき受け入れ表明を促す要請決議を出す動きがあるため、週明けにも各団体が市長や市議会に受け入れ反対を求める要請活動を行う。
 石垣市を拠点に活動するミュージシャンのZAKI代表は「がれきを処理する能力や技術が市内にあるのか、内部被ばくの予防策はあるのかなど、受け入れた場合の問題点について情報がない。十分な調査と検証に基づく説明が必要だ」と語り、安易ながれき受け入れに反対した。
 23日に発足した国際観光地やえやまをめざす会の辺銀愛理代表は「阪神大震災のがれきは被災地の埋め立てなどに使い、大半を現地で処理できた」と指摘。「がれき受け入れは観光にも悪影響が出る。安全な環境の石垣に被災地の子どもを受け入れた方がいい」と話した。

琉球新報引用終了

 勇気は伝染します。次々に、多様な立場の方々が声をあげて会を結成して下さっています。

 子ども笑顔ネットも全国ガレキネットも、代表は石垣市在住の島のお母さんがして下さることになりました。

 これらの団体の特徴は、単にガレキ受け入れに反対するというよりはむしろ、島の自然を愛し、守り続けてきた人たちが、その恵みを被災者や避難者と共に分かち合う方法を真剣に考えてくださっているということです。
 
 石垣島は、素晴らしい自然、美味しい野菜に果物にお米に牛乳に石垣牛、美しい海と、地球の宝物のような存在です。まさに命を育む宝の島です。今後も、多くの波に飲み込まれそうになることがあるかもしれません。しかし、島を愛し、守り、恵みを分かち合おうとして下さる人たちが声をあげはじめました。

 単なる「反対」ではなく、「被災者」に「安心・安全な保養地」を提供し、「安心・安全な食べ物」を分かち合いたいと願う人達の肯定的な動きです。沖縄には多くの被災者が避難し、移住し、保養に来ています。一人一人の被災者の方が願っていることを、まずはじっくりと聴くことが、真の意味での支援につながるのではないでしょうか。


子ども笑顔ネット
egaonet@freeml.com

全国ガレキネット
garekinet@freeml.com

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

子ども笑顔ネット

Author:子ども笑顔ネット
子どもの笑顔を放射能から守るために結成されました。沖縄県を中心に活動しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。